車のオートオークションも高く評価している喫煙車

車のオートオークションも高く評価している喫煙車

車買取りでは、喫煙の有無がポイントになる場合があります。喫煙が行われている車に比べると、禁煙車の方が買い取り額が高めになる傾向がありますね。
一般的に喫煙車の場合、ちょっと車の中に臭いが漂っている事が多いです。ヤニ臭などにより、車の資産価値が下がってしまう事があるからです。しかもその減点は、意外と大きいようですね。ある買取業者は車の査定の点数を公開しているのですが、臭いがある車はかなり減点されているようです。

 

喫煙の有無で振り分けているオートオークション

 

ところで買取業者というのは、顧客から買った車をオートオークションに流している場合があります。自社販売を行っている業者は比較的多いですが、中にはオークション会場に車を搬入しているような業者もあるのですね。
そのオークション会場では、実は車の振り分けが行われています。その1つが喫煙です。
実はオートオークションでは、禁煙車を振り分けている事が非常に多いです。いわゆる喫煙車と禁煙車の振り分けが、発生している訳ですね。
わざわざ振り分けを行っている以上は、少なくともオートオークションの会場では禁煙タイプの方が良いと考えているのでしょう。もちろん禁煙車の方が、高く落札される傾向がある訳です。ですので車の買取業者としても、禁煙車を高く評価している訳ですね。

 

喫煙車でも高く売れる事が

 

ただし例外もあります。たとえ喫煙車でも、社内に臭いがこもっていないケースも多々あります。臭いがなければ、高額になるケースもしばしば有る訳です。ただ平均的な傾向を申し上げれば、やはり禁煙車の方が高額売却が発生しやすいですね。
ですので車を少しでも高く売りたいならば、できるだけ車の中でタバコを吸わない方が良いと思います。しかしどうしても喫煙が避けられないのであれば、臭いに気をつけておくと良いでしょう。